2012年2月12日 第3回赤羽ハーフマラソン

back


 さて今シーズン最後のハーフマラソン。昨年10月のタートルマラソンでは暑さにやられて記録が伸びなかった。それよりも最近はハーフでもフルでも走っていて辛さしか感じていない。走り終わったあとの達成感もしばらく経験してないなあ。ところで今回の赤羽ハーフマラソンはまだ3回目という大会だが、第1回目にもエントリーしたことがあったが、怪我で棄権した大会。そのハーフマラソンはかなりずさんな運営で物議をかもしだした曰く付きの大会だった。それから随分改善されたようだが、さて、今回はどうだろう。

 受付がなくチップなど郵送してくれるのでこれは便利。10時40分スタートなのでゆっくり食事とアップをして自宅を9時15分出発。到着したのは10時過ぎ。荷物預かりも簡単でわかりやすい。のんびりしているとスタート15分前になったのでスタートラインへ。プラカードをもった係員が予想ゴールタイムごとに誘導してくれて混雑もなし。ただ何のアナウンスもないのでいつスタートしたのかわからないまま列が少しずつ動き出している。

 今回は前半を押さえて後半にスピードアップ。しかしかなり強い風は復路で完全に向かい風になる様子。ちょっと厳しいレースになると覚悟を決めていざ。

 8キロあたりまで4分55から5分5秒といい状態。体も軽くなったのでスピードを上げて折り返し地点へ。と、これは厳しい向かい風!河川敷なのでまともに選手直撃。思ったようにタイムは伸びないが何とかペースを維持する。17キロあたりから消耗が激しく心肺、肉体共に限界近しだが、何とかゴールまでたどり着く。いやはや目標の1時間47分台はクリヤー、あわよくば45分だと思ったが、こちらは無理だった。ま、強風の中自己ベストなのでよかったかな。

 さて、今回の運営、給水所が3カ所しかない(今までの最小記録)ことや記録証は当日出さず各自がインターネットでプリントアウトするなどまだまだ改善も必要な点が見られるが、多くのボランティアの中学生や係の方は親切で大変暖かい雰囲気だった。これなら3月のフルマラソンの調整として来年も出場しようかな。
 ゴール後久しぶりに満足感に浸ったレースでした。

back