2013年3月24日「板橋CITYマラソン2013」

走った距離は嘘つかない・・・本当にその通り。

back


スタート&ゴール地点

スタート地点、さてどうなることやら

やれやれ散々なレース

 1月の初めに左足付けねを痛めてランニングは長期のお休み。2月の赤羽マラソンに向けて練習開始するも足の痛みが再発したあめ結局、欠場。2月練習できた距離は何とわずか40キロ。ちなみに左足の付け根の故障は野口みずきさんと同じである。(だからどうした!?)3月になって当然ながらこの大会も欠場を考えながら練習を始めたが30キロ走を1回、15キロ走を1回それぞれ走ることができたので消極的ながら出場を決めた。今までの練習の積み立てもあるので何とかなるという思いも正直あった。
 
 さて雨の予報もあったものの曇りで風もなくマラソンには絶好の天候。ちょっといい気分でスタート地点に移動。走り始めるとかなりのスローペースにちょっと不安になりペースアップ。キロ6分のスタート時から5分10秒に上げていく。今までなら7,8キロから体が軽く動くようになるのだが、今回は不思議なことに12キロ過ぎからきつくなり「やっぱりダメかな」と思い不安になる。それでもキロ5分15秒あたりで走っていたのでこのままいけば自己ベスト更新なのでそれを励み&楽しみに走る。
 
 しかし24キロから5分30秒、そして徐々に足が動かなくなりあとは鉛のように重い体と足を動かしながら1キロ1キロの表示を恨めしく見る。今まで抜いたランナー達にどんどん追い抜かれながら全く体と足に力は入らずラップは最早7分を切るのが精一杯。今までで最も長いマラソンは午後1時を過ぎてやっと終了。ネットタイム4時間7分43秒なり。

 惨敗の原因はもちろん1月2月の走り込み不足。それに加えて前半のオーバーペースがさらに力を消耗させた。フルマラソンを甘く見てはいけません。勇気ある欠場も必要だったかな、という反省が残った大会でした。

back