2013年12月22日「第1回お台場30キロマラソン」

快調な走りも20キロまで 悪路に足ダウン

back


@ 今月も初めての30キロ走。場所は何とお台場。女神の塔を横目に受付場所に向かう。先月がいい走りだったので、キロ5分15秒を目標にフルマラソンへの練習ラン。



B スタートはマラソンには珍しく午後1:00。人数は890名ということでさほどの混雑もなくスムーズに走れる。5キロまでは押さえてキロ5分30秒。その後ペースをあげて10キロまで5分10秒あたりをキープ。いいペースだが、コースは迷路のようで非常に走りにくい。また芝生、板、石、荒れたアスファルト道などかなり足に負担を感じる。あと10キロというところでペースアップを試みるが足が動かない。みるみるペースダウン。


A 場所は台場駅からも近く観光客も多いところ。こんなところで本当に30キロ可能なのかと思うが、結局5キロのコースを6周するという周回コース。ちょっと残念だがこの場所じゃこの方法しかないのだろう。まずは自分の走りをするのみ。



C 5分45秒からついに6分30秒へ。止まって屈伸を繰り返して少し持ち直すがタイムは5分台にもどることはなかった。苦しい苦しいラスト10キロがやっと終わってゴール。ゴールでは丁寧に一人一人にフィニッシュテープを切らせてくれる。またゴール後おにぎりと味噌汁のサービス(写真)も。スタッフの方々は大変優しく水も個々に手渡してくれるなど今までの大会ではない暖かさ。しかし・・・・コースは最悪。残念ながら来年の出場は見送る予定。惨敗也。

back