2004年
back

BEST
谷中安規の夢  ロバート・ライマン

BETTER
香月泰男  ベン・ニコルソン  牛腸茂雄  佐藤哲三

州之内コレクション展  田中一村  国吉康雄  若冲と琳派  棟方志功

No.

展 覧 会

会 期

会 場

一口コメント

37
フルクサス 11.20-2.20 うらわ美術館 アイデアの宝庫

36
マチス 9.10-12.12 国立西洋美術館 23年後の共感

35
木村伊兵衛 10.9-12.9 東京国立近代美術館 展示に難

34
草間彌生:永遠の現在 10.26-12.19 東京国立近代美術館 回顧展過多も

33
ザオ・ウーキー 10.16-1.16 ブリヂストン美術館 ・・・

32
佐藤哲三 9.25-11.7 東京ステーションギャラリー 「たも」を描くために

31
興福寺国宝展 9.18-11.3 東京芸術大学大学美術館 二つの興福寺展

30
芭蕉と狩野派展 9.7-10.11 山寺芭蕉記念館 一蝶に驚く

29
常設展 他 9.28-12.9 宮城県立美術館 常設の常識の見直し

28
州之内コレクション展 9.29-10.24 宮城県立美術館 思い焦がれてやっと来た

27
小熊秀夫と画家たちの青春 9.11-10.24 練馬区立美術館 創造の息吹は何故か寂しく

26
ピカソ- ジャクリーヌ・コレクション 9.4-10.24 損保ジャパン東郷青児美術館 ・・・

25
ロバート・ライマン 7.10-10.24 川村記念美術館 至福-豊穣な表現

24
佐倉市の美術 8.21-9.26 佐倉市立美術館 丁寧な佐倉市の歴史回顧展

23
牛腸茂雄展 9.11-10.24 三鷹市美術ギャラリー 自己と向き合い続けた生涯

22
マン・レイ 9.11-10.27 埼玉県立近代美術館 マン・レイというジャンル

21
琳派展 8.21-10.3 東京国立近代美術館 企画倒れ

20
モダンってなに? 4.28-8.1 森美術館 中心の喪失

19
ジュン・グエン・ハツシバ 5.29-7.19 森美術館 新たな映像表現!?

18
イリア&エミリア・カバコフ 5.29-7.19 森美術館 寓話と暖かい視点

17
YES オノ・ヨーコ 4.17-6.27 東京都現代美術館 初めての評価

16
葛飾北斎 6.1-26 太田記念美術館 理想のアーティスト

15
ルオーとイコン 5.29-7.25 NAIS(現:汐留め)ミュージアム ルオーに駄作なし

14
ベン・ニコルソン 3.27-6.13 東京ステーションギャラリー 静謐で圧倒的な存在感

13
片岡珠子 5.11-23 日本橋三越本店 豪華絢爛

12
田中一村 4.28-5.9 東京大丸ミュージアム 信念こそ力

11
ボナール 4.29-6.30 損保ジャパン東郷青児美術館 小粒なボナール

10
空海と高野山 4.6-5.16 東京都国立博物館 圧倒的な運慶

9
近代工芸の名品―花 2.10-4.11 東京国立近代美術館工芸館 ・・・

8
国吉康雄 3.23-5.16 東京国立近代美術館 骨太なノスタルジー

7
富岡鉄斎 1.10-3.7 出光美術館 文人画特有の距離感、解消せず

6
香月泰男 2.7-3.28 東京ステーションギャラリー 奇跡的なシベリアシリーズ

5
富岡鉄斎 1.24-3.21 埼玉県立近代美術館 苦手な文人画、でも70歳以降に逸品

4
若冲と琳派 1.28-2.9 日本橋高島屋 知る人ぞ知る名品展!! 必見!

3
谷中安規の夢 12.9-2.1 松濤美術館 木版画家 同時代の光と陰

2
棟方志功 11.22-2.1 Bunkamura

1
あるサラリーマン〜 12.13-2.4 三鷹市美術ギャラリー 凝縮された視点

back