.
BOOK
「おいてけぼり」州之内徹 世界文化社

back

 州之内徹=「気まぐれ美術館」ということは衆知のことですが、これは同じ時期新聞やあちこちの雑誌に書かれた彼の文章を集めたものです。
 「絵の中の散歩」「気まぐれ美術館」が私にとっての座右の書となって久しいのですが、今読み直してもその内容はみずみずしく、様々なドラマについつい引き込まれてしまいます。この本で「大声を出して主張する」より「静かに佇む」表現の大切さに気づき、自分の方向や嗜好に少なからず影響されたものです。
 
 さて、この本、そんな名著に及ぶべくもありませんが、雰囲気は十分感じることができます。作品を好き=作家に興味を持つ、という理想的な形がここには強く感じられます。