2011月3月5日(土)
第29回鴻巣パンジーマラソン(ハーフ)

back


 今シーズン(10月〜3月)最後のハーフマラソン。当然ながらハーフマラソンはフルの調整とし考えていて、今回の鴻巣パンジーマラソンは3月20日の板橋シティマラソン(フル:旧荒川市民マラソン)の前哨戦といったところ。ただし正直言えば東京マラソンに落選したため、決めたレースとも・・・。
 今年の東京マラソンも少しテレビで見ていたけれどやはり走りたいコースだなあ。今年は三度目の正直で何とか走らせて下さいね。
 さて、5時45分起床。しかし、昨日から喉がいがらっぽくておかしな体調。普段決して飲まない栄養ドリンク類(エスカップ)を飲んで、トローチを口に入れながら調整万全と言い聞かせて家をでる。

 鴻巣駅に着くとほとんどの人が歩いて競技場に行っているのでそのまま歩く。会場は鴻巣陸上競技場で、やはりこういう場所が会場だと「レース」という雰囲気があり個人的にも少し盛りあがる所はある。受付もスムーズだったが、受付終了がレースの1時間前というのはあまりに早すぎる。開会式に合わせているようだが、今回のレースでは唯一再考をお願いしたいことだった。  受付を済ませて出ると会場内には無料のバナナ配布、これは色々なレースの中では初めて。またレース後の豚汁サービスも名物のようでアット・ホームな暖かいムードだった。
 
 さて、9時半になりスタートしたレースだが、昨日から喉のいがらっぽさが気になっていたが、今朝から右目が病的な様相を呈していて(娘の言葉)予想外に体が重い。ただこれは「つくばマラソン」でもそうだったのでとんかく7キロまではキロ5分でついて行こうと頑張るが徐々にペースは落ちる。10キロから15キロで少し持ち直すものの心肺・足ともにボロボロ。とにかくコースの八割は強風で体力の消耗はかなりのもの。
 これほど途中で走る気力がなくなったことはないような情けないレースで、よく歩かなかったものだと思う。
 結局グロスタイムは1時間49分22秒、ネットタイム(自己計測)1時間49分10秒。去年の10月のタートルマラソンのグロスタイムは1時間51分8秒。ネットタイムは49分25秒なのでわずかな自己記録更新。
 しかしあれほど12月1月に走り込んだ結果にしては不満足。体調と強風を考えれば自己ベストは満足とするべきなのかなあ。
 目標の1時間45分は遠くなりけり。

 レース後は側にある公園の機関車の側でシートをひいて昼食会。ボロボロくたくたながらやはりこの瞬間はいいもの。近くのセンターにあるお雛様を見学したり埴輪パネルで記念写真をとったりでやっと気持もほぐれる。
 しかし2週間後には「板橋CITYマラソン(フル)」だが、こんな状態で大丈夫なのか少し不安になったことは確か。今更慌てても仕方ないが、走り込みはともかく、体調の管理をしっかりしなくてはいけないことを痛感したレースでした。
 

back