ランニング開始、そしてオーバーワークにて故障続発

back

 7月8日(水)、近所の団地回りを走り始めると面白いようにスピードが出る。これはいいとばかりそのペースで走っていると500mも行かないうちに心肺機能がパンク寸前になり失速。結局2キロほどでダウン。それでも走った後の爽快感がなんともよく今後は「ロード走」に切り替えることにする。しかし走っていて足や爪を痛めることが重なりきちんとお店の人に相談してシューズを購入。それによってやっと快適な状態で走れるようになる。シューズはランイングビギナーに優しいニューバランスMR966、同時に雑誌「runners」の愛読者となる。

 7月9日(木)2キロ 
  10日(金)3キロ 
  11日(土)トレッドミルで6キロ 
  13日(月)3キロ 
  14日(火)トレッドミルで6キロ 
  15日(水)3キロ 
  16日(木)トレッドミルで6キロ 
  17日(金)3キロ

19日から父の49日で岡山に帰省し初めて郷里を走るが田舎の夜は真っ暗で懐中電灯を手に走らなければ何も見えない状態。ただ道路はきれいで広いためその面は走りやすい。この頃から5,6キロ走れるようになりさらに面白くなるがそれと共に足の痛み、膝の痛みが激しくなり普段の歩行にまで支障をきたすようになる。
ただし8月2日戸田マラソンin彩湖のハーフマラソンの部に申し込む。その後タートルマラソン(ハーフ)、東京マラソン(フル)にも申し込み。東京マラソンには本当に出てみたくなる。

 19日(月)5キロ 
 20日(火)5キロ 
 21日(水)6キロ 
 22日(木)6キロ 
 24日(金)7キロ
 25日(土)岡山より帰京後、近くの1週1キロのランニングコースを初めて10キロを走る。
 26日(日)トレッドミルで6キロ 
 27日(月)10キロ 
 29日(水)10キロ 
 30日(木)トレッドミルで6キロ
 8月2日(日)トレッドミルで10キロ 
 3日(月)10キロ 
 5日(水)11キロ 
 6日(木)トレッドミルで9キロ
 8日(土)初めてのLSD(ロング・スロー・ディスタンス)を2時間行う。
    これは普段よりもずっと遅いスピードで走るトレーニングでマラソン仕様の大切な体作りとなるもの。約15キロ走る。
 9日(日)10キロ 
 10日(火)トレッドミルで6キロ 
 11日(火)11キロ 12日(水)10キロ

 再び岡山に帰省。
 14日(金)LSD2時間で約14キロ 
 15日(土)10キロ 
 18日(火)12キロ

 足の痛みがひどくなりペースも非常に遅くなる。

 19日(水)岡山より帰ってきて11キロ走。 
 8月は累計170キロほどランニング。この調子で行くと250キロも可能になってきておりかなり無理な計画を立てる。
 
 21日(金)LSDで2時間以上を目指してスタートした直後左腿に激痛。それでもゆっくり走っていると軽減してきたこともあるので無理をして11キロまできたところで痛みでついに歩くことも出来なくなり立ち往生。何とか自転車までたどり着いて休憩するも痛みはひどい。帰宅して入浴してゆっくりするが歩くのが苦痛な状態。
 この後は少し休みながらトレッドミルなどしてみるが悪化するばかり。結局9月下旬まで本格的な走りは出来ず。日常の階段の上り下りが苦しいほど傷む。

 23日(日)トレッドミル4キロでストップ 
 26日(水)トレッドミルで6キロ走るが再び左足痛める。
 9月3日(水)久し振りに5キロ走ったり歩いたりだが、足の痛みは引かず。
  7日(月)調子悪く1キロ少し走って中止。 
  8日(火)3キロ 不調 
 11日(金)トレッドミル5キロ走るが再び痛みが出る。
 
しばらく休養

 17日(木)久し振りに走れるようになる。6キロ
 18日(金)10キロ
 20日(日)5キロ
 このあたりから3日以上連続で走らないようにするなど無理をしないトレーニングに改めた結果、足を痛めることが無くなる。何とか10月の初ハーフマラソンに間に合うようになりほっとするものの、トレーニング不足も感じ不安にもなる。

back